富士芸術村について
芸術村は、市民の皆様が楽しく美術に接し、学び、交流する場となるように活動していきたいと考えています。そして、地域の文化・芸術活動の拠点となることを希望しています。
運営・管理
芸術をこよなく愛する市民ボランティアと運営委員会の活動に支えられています。
村長(代表者) 
漆畑勇司氏(うるしばた ゆうじ)  富士美術研究所代表 1955年富士市生れ
416-0924 富士市水戸島本町14-10 TEL0545-63-2417 FAX0545-63-2424 f_biken@shizuokanet.ne.jp
活動の基本的な内容
1.芸術・文化に親しむ人たちが気軽に集える場の提供
◇ワークショップ@美術講座・A実技講座 の開催)
◇ギャラリー(画廊)
◇アトリエ(工房)
2.富士地域の芸術・文化の向上と情報交換などの交流の場
3.芸術・文化に取り組む人たちの創作活動や美術教育の育成
4.市内外、国外など国際的な芸術活動や文化交流
GALLERY 展覧会の開催
独自の視点に基づいて活動する作家を取り上げてご紹独自の視点に基づいて活動する作家を取り上げてご紹介します。ゆっくりおくつろぎながら、ご覧いただきたいと思います。介します。ゆっくりおくつろぎながら、ご覧いただきたいと思います。
WORK SHOPワークショップの開催
美術に対する関心を高め、より積極的に美術文化を創造していくために講座や講演会などを開催します。家族で参加できる造形教室も開催します。美術に興味のある方ならどなたでも参加できます。
ATELIERアトリエ・創作の場の提供
芸術村を色々な分野の創作活動の場として使用いただけます。
※使用をご希望の方はご連絡下さい。
【アトリエ利用者の募集】
(使用時間) 10:00〜17:00(冬期10:00〜16:00)使用時間は相談に応じます
(使用期間) 1日から1週間(相談により延長可能)
(使用料) 無料(諸経費・光熱費等実費は別にいただきます)
(作品保全) ご使用側の義務とします。
       火災・盗難・破損などや不慮の事故の場合、当村ではその責任は負いかねます。
(諸設備) ご使用は村の許可を受けて下さい。ご使用者側の汚損につきましては賠償願います。
(使用権) お申込みの際の使用目的と異なった目的に使用なさることや、使用権の転貸・譲渡はお断りします。
 ※ アトリエとして使用できる部屋についての詳細は事務局にお申し出下さい。